テクスチャへの特殊効果




テクスチャへの特殊効果(texrendermode)
QCファイル$texrendermode記述を足してコンパイルすることによって、モデルのテクスチャに
特殊効果を付けることができます。設定できるのはbmpごとです。
記述を重ねれば同じbmpへの効果の重ねがけも可能です。
エラー防止のため最新のstudiomdlの使用を推奨します。入手法はこちら

方法
QCファイルをテキストエディタで開き以下の様に$texrendermode記述を加えます(例としてhelmetのQCファイル)
...
//reference mesh(es)
$body "body" "HEV_male_torso_reference"

$body "body" "HEV_helmet_head_reference"

$body "body" "HEV_male_legs_reference"

$texrendermode "texturename.bmp" "xxxxx"
...
texturename」の部分に効果を付けたいbmpのファイル名を指定します。
xxxxx」に付けたい特殊効果を指定します。
このコマンドはQCファイルのどこにでも記述できますが、
$bodyの欄の下に書いておくと分かりやすいです。

モデルビューアで設定
chrome、additive、masked(Transparent)、fullbrightの四つの効果はQCファイルを編集しなくても
モデルビューア(HLMV_standalone)のTextures欄で設定が可能です。
設定した後にFile - Save Model As...でMDLを保存すれば設定が反映されます。

特殊効果の一覧
コマンド 効果
additive 加算合成
masked マスク
chrome クローム
fullbright 発光効果
flatshade フラット化
nomips 不明
alpha 不明


効果の説明
additive
加算合成を行います。
主にガラス面や強い光の表現に使われています。

masked
マスクをかけます。
bmpのパレットの最後の色(番号255番)が透過色になります。
主に髪の毛や服装などを細かく表現するために使われています。
chrome、additiveとの併用はできません。

以下の機能はSven Co-op用のstudiomdlを使ってコンパイルをしないとエラーが出ます。

chrome
テクスチャを引き伸ばし光沢を出します。
金属光沢の表現などに使われています。
昔からの仕様でテクスチャのファイル名に「chrome」の文字列が入っていても
同様の効果が得られます。この場合は質感が異なり、flatshade効果も同時にかかった様になります。

fullbright
発光効果が加わり、
マップの暗い所でも一定の明るさのままになります。
Sven Co-opにおいてはモンスターの目などの発光表現に使われています。

flatshade
光の当たり方が一定になります。
モデル自体のスムージングも一定になるので、フラットな表現が可能です。

効果が不明なもの(名前のみ存在?)
nomips
不明

alpha
不明






TOPへ